読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここのところの気温の上下、厳しいですね。。。どういうことなんでしょうか。花粉も絶賛飛散中なのでもう目がかゆいしなんなら喉も痛い。辛いですね

さて、今日は「PENTAX K-1 体感&トークライブ in 東京」に行ってきました。初日ですね〜

 

この手のイベントに参加したことなかったんですけど、なかなかおもしろかったです。

会場の半分くらいはセミナールームになっていて、どなたか講師の方がおしゃべりしてましたが、時間の関係でそちらはスルー。

CP+に行けなかったんで、展示(SRⅡ、スケルトン、カットモデル)も楽しく眺めてました。SRⅡすごいですね。かなり効いてて驚きました。

f:id:OrionK:20160312175247j:plain

あと、作例もたくさんおいてあって、レンズもDFAだけじゃなくてFA Limitedも使ってあったりして、個人的には大変参考になりました。

 

肝心のタッチアンドトライはコースが2つにわかれていて(FA+DAコースとDFAコース)、ちょっと迷ってFA+DAコースを選択しました。だってDFAレンズは高くて買えないもん、、、

順番待ちは大体10分くらい。DFAのほうはもうちょっと待ってたみたいな感じですけど、こちらはそうでもありませんでした。で、初対面のK-1についていたのはまさかのDFA 28-105mmで、レーンの区分けとは一体。。。といった感じに。

その後、FA31→DA★55→DA★300を着けさせてもらっていろいろ撮ってました。

先ず関心したのは、ボディ内モーターの静かさ。

これまで、ボディ内モーターの音はお世辞にも品があるとは言いがたく、それがちょっとした難点の一つでした。ところが、K-1はそうじゃない。思わず2度も動かしたほど非常に静かになってました。これはポイント高い、、、FA Limitedの欠点の一つが少しだけ改善されてました。

あとはシャッターボタンのフィーリングも結構良かったです。これまでは、クリック感はあるもののすぐ底付きになってしまって、指が疲れるというか、気を遣うことが多かったんですが、これも解消。ニコンのような”奥までじわっと”押しこむ感じに変わっていました。

あとはグリップ感。僕の手ではK-5iisを握った時若干小指が余る感じがありました。そのため、バッテリーグリップを買ってそれをなんとか凌いでいたんですが、(まぁ、ある意味当然ですが)FF機になって少し高さが増した事もあってとっても握りやすくなってました。

そんなかんじで、担当してくださったおじさんとも楽しくおしゃべりしながらK-1触ってきました。

 

ちなみに、行くとクリアファイルとカタログがもらえます。

f:id:OrionK:20160312175144j:plain

4月下旬発売とのことで、丁度僕の誕生日付近なんですよね、、、

27万円、、、出せなくはない、、、

ということで現在絶賛予約に手が伸びそうな状況です。

K-5iis をそろそろ引退させてもいいかなぁ、なんて。

 

ほいでは